キャバクラのウェイター

2012-11-02

キャバクラやセクキャバに行ったことのある方であれば解ると思いますが、キャバクラの男性ウェイターというのは、最近の言葉で言えば部下や執事のうように振る舞わなければなりません。
決して上下があるわけではありませんが、利用客の席へ行ったときなどに膝をついて対応しているのを見たことがあると思います。
あれもキャバクラのウェイターならではの基本姿勢と言われています。
高級感を出すためのアクションとも言えますが、キャバクラ嬢に対して敬意を示すような姿勢を保ちながら仕事をします。
セクキャバでは、少し暗い店内でテンションを上げて大きな声を出さなければなりません。
セクキャバはいつもお祭りのように賑やかなところが多いですので、高いテンションを維持しなければなりません。
また、露出の多い衣装で身を包んだ女の子を見られると思われますが、決してセクキャバ嬢がサービスをしてくれることなどはなく、お互いに仕事と割り切っているのが定番です。
風俗のウェイターは、飲み物を運ぶのと同時に、女の子が接客で困っていないかなどの気配りをしなければなりません。
困った利用客などが居た場合は、トラブルなく、その場を収めるといったことも大事となっています。
店長クラスでなくても、風俗嬢が気持ちよく接客出来ているかに目を向けることも業務の一つとなっています。

Copyright(c) 遊びスポット All Rights Reserved.