banner

風営法について

近年、風俗が減少しつつある理由には風営法の改正があります。
風俗営業取締法といった名称であった風営法は、昭和59年から風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律と名称を変えて、その内容を厳しいものへとしました。
その理由の一つとして暴力団の資金源などに繋がっている背景があるとの、治安の改善があります。
また、風俗店を利用する一般国民が犯罪に巻き込まれるといった事例も多く、法改正となったのです。
風営法は、その風俗の業態と営業区域を規制するもので、風俗営業許可区域以外で風俗店の営業は出来なくなっています。
また、営業時間の取り決めもあり、性的サービスをするピンサロやソープランドなどは夜中の12時までの営業しか出来なくなりました。
セクキャバなどの性的サービスを提供していない風俗店に関しては営業時間の自由が認められてはいますが、来客者の男性の横に座り、接客するといった業態は風俗営業の許可を必要とするようになっており、スナックであっても、お客の隣に座り接客することで風俗と認識されるようになりました。
少年の健全な育成に傷害を及ぼす行為を防止するために作られた法律ではありますが、規制を厳しくすることで新たな犯罪が起きてしまっているといった事例も多く、これからも風営法は厳しくなると考えられます。

       

日本最大の歓楽街「歌舞伎町」

日本で最大の歓楽街と言われている歌舞伎町は東京都の新宿区にあります。
歌舞伎町には、お酒を飲む居酒屋やスナックはもちろんのことセクキャバやソープランドなどの風俗も充実した地域となっており、風俗に関しては250件を超えるお店があると言われています。
風俗店を撲滅する運動が強化されている近年でも、日本で一番の風俗の街と言えるのが歌舞伎町です。
歌舞伎町は、若者のみならず、中年層や高年層の方がたも利用する地域となっており、眠らない街とも言われています。
歌舞伎町で一番多いのはデリバリーヘルスでチェーン展開している大手デリバリーヘルス企業の本社がいくつもある地域となっています。
高級感を味わえる女性が在籍しているところや、メイド服を着た女性が比較的リーズナブルな利用料金で性的サービスをしてくれるところなどがあります。
他にもかわいい系、キレイ系、癒し系、おねぇ系など好みに応じた風俗店がありますので、必ず好みの風俗店が見つかると思われます。
セクキャバのお店も揃っており、女性従業員の身体のラインがわかるドレスなどを着たキャバクラ嬢が、隣に座って接客してくれるといったところもあります。
また、素人を集めたお店もありファッションヘルスや、デリヘル、ピンサロと業態を問わず素人の女性に性的サービスを受けることが可能な地域です。

Copyright(c) 遊びスポット All Rights Reserved.